13にまつわる話し
(05.07.10)
口開けですから、ビッグな話題でなければなりませんね、この挿話は、ただ単にネットで拾ったと云うことではありません。ただ単に、思いついたと云うことです。頭の中で、港町13番地が浮かんだので、調べてみた所、
美空ひばりにまつわる話が出てきたと云うことです。
美空ひばりは、ご存じの通りの不世出の「昭和の歌姫」です。
生まれは、横浜市
今は、あの港の見下ろせる「横浜市日野公園墓地」に、しずかに眠っています。

港町13番地(この歌詞は、記憶のまま書いたものです歌詞と比較して下さい)
な〜あがい旅路の 航〜海終え〜て 船が港に 停まる頃
海を渡って 遙かにあえる 昔なじみの マドロス酒場
あ〜あ〜あ 港町13番地
♪港町十三番地
作詞 石本 美由起
作曲 上原 げんと
 唄  美空 ひばり

  (1) 長い旅路の 航海終えて
  船が港に 泊る夜
  海の苦労を グラスの酒に
  みんな忘れる マドロス酒場
  ああ港町 十三番地
 (2) 銀杏並木の 敷石道を
  君と歩くも 久し振り
  点るネオンに さそわれながら
  波止場通りを 左にまがりゃ
  ああ港町 十三番地

  (3) 船が着く日に 咲かせた花を
  船が出る夜 散らす風
  涙こらえて 乾杯すれば
  窓で泣いてる 三日月様よ
  ああ港町 十三番地

この近くに、美空ひばりを主題にしたカフェギャラリー「13番地」が有るそうです。
カフェ ギャラリー 十三番地
中島玲子
神奈川県横浜市港南区大久保1丁目13番地の
TEL/FAX 045-845-9913
http://homepage2.nifty.com/cafe13banchi/


戻る