1月21日(土)
ズバリ、迷惑メール対策!(ジオログ板)

わたくしのように、ホームページを多数立ち上げていると、どうしても迷惑メールがたくさん迷い込みます。わたくしのようなものがこの場合困るのは、何を根拠?!に、そのメールが発出されてきたのかと云うことが分からないことです。

見ての通り、わたくし自身は物事の白黒をはっきりさせたい人間です。単なる悪戯(いたずら)メールなら良いのですが、何かの目的を持って送られてくるメールの場合。例えば、わたくしが申し込んで居るではないか、とか、こう言ってくれたではないかとか云われると、え?、と絶句してしまいます。誰がそんなこと言ったのだろうか?と云うことです。

そのような意味不明のメールの場合は、申し訳ないけれど、身に覚えがないと答え、直ぐに、迷惑メールにしています。

ただし、迷惑メールの報告をしても、迷惑メールホルダーに入ってきます。ですから、いちいち迷惑メールの中を空っぽにする必要があったのです。まあ、迷惑のものは見る必要はない訳ですから。

さて、わたくしは迷惑メールの対策として、以前のシステムでは、配信拒否しかなかった時代があったのですが、その時に間違ってお友達のメールを配信拒否に入れてしまったことがあります。その時はしばらく、なぜ来ないのだろう、病気にでもなったのかと、思っていました、配信拒否にしてしまっていたことに気が付いたのはしばらく後でした。

今は、迷惑メールのセットが出来るようになったので、直ぐにこちらにセットしています。この場合、よしんば間違って、必要なものを迷惑にしてしまったとしても、迷惑メールホルダーでタイトルで、確認出来ます。

ところが、この迷惑メールは、配信拒否が出来ません。迷惑メールは「迷惑」の振り分けられるだけで、相も変わらず送られてくるからです。こんな訳で、時々タイトルをチェックして「空」にしていました。
メールオプションを見てみたら、配信停止手続きがあるのを見つけました。これからは、配信拒否に登録することで、迷惑メールに関わる手間が軽減されると思います。

さて、ここからが本心です。今とっても冷めています。例のKEND企画関連です。要すれば、ITってこんなに無味乾燥でつまらないものだったと云うことです。勿論わたくし自身が一生懸命やっている、ホットページは別物であると云う前提ですが。

はしたないホリエモンの結末は!
そもそも、前にも書きかけたことですが、ホームページを持つととたんに儲けたり、人がたくさん集まるのだと勘違いしている向きがあるのではないかと云うことです。
ホームページはテレビのコマーシャルではないので、お客が何度もじっくりと見ます。気に入るまで舐めまわします。そして、気に入ったらやっとアクションを起こすかも知れないと云うことです。

ホームページが認知されるためには、気の遠くなるような気の出入りと、血のにじむような努力とが必要ですし、ビガビガ光る彩(才)が必要です。努力とは、まず、自分(自社)がホームページを持っていると云うことのアピールから始まります。よしんば間違って見た人がいたとしても、商売に結びつく事は少ないと思われます。

だから、わたくしはホームページを持って居るんだよと云うことを取引先にアピールをすることが、一等先に大事だと思うのです。ホームページの中身は、有るものしか無い訳ですから、自身に魅力がなければ何も生み出しません。
しかるに、ホリの様に悪いことをしてはおしまいですよね。

さて、結論です。人と人との繋がりは、金ではないと云うことです。むしろ、金のことを云うといやらしくなります。金は、申し訳ないけれども結果としてついて来るものだと思います。と云う考えの自分は商売には向いていない。これが結論です。

戻る